コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンビマイタケ(鳶舞茸) トンビマイタケGrifola gigantea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンビマイタケ(鳶舞茸)
トンビマイタケ
Grifola gigantea

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。ブナ大木の根もとに多数の傘が重なり合い一塊となって生じる大型のキノコ。塊は径 30cm以上にも及ぶ。傘は半円形扇形またはへら形。厚さ 1cm,表面は濃い茶褐色または茶色で放射状に明瞭な皺があり,環紋もみられる。縁は薄く,しばしば浅裂する。下面は初め白色のちに黒変する。ほぼ円形で細かな孔口がみられる。材の白腐れを生じる。無毒ではあるが食用にはしない。北海道,本州に産し,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トンビマイタケ(鳶舞茸)の関連キーワードマイタケ(舞茸)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android