コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンビマイタケ(鳶舞茸) トンビマイタケ Grifola gigantea

1件 の用語解説(トンビマイタケ(鳶舞茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンビマイタケ(鳶舞茸)
トンビマイタケ
Grifola gigantea

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。ブナの大木の根もとに多数の傘が重なり合い一塊となって生じる大型のキノコ。塊は径 30cm以上にも及ぶ。傘は半円形,扇形またはへら形。厚さ 1cm,表面は濃い茶褐色または茶色で放射状に明瞭な皺があり,環紋もみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トンビマイタケ(鳶舞茸)の関連キーワードハリタケ(針茸)えぶりこ猿の腰掛猪苓茯苓針茸シメジホウキタケアンズタケ(杏茸)サルノコシカケ(猿腰掛)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone