コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンホワ(通化)特別市 トンホワTonghua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンホワ(通化)〔特別市〕
トンホワ
Tonghua

中国東北地方,チーリン (吉林) 省南東部の工業都市。省轄市でトンホワ市区のほか2市3県から成る。チャンパイ (長白) 山地を流れるフン (渾) 江沿いの盆地にある。流送される木材の集散地であったが,1937年メイチー (梅集) 鉄道の開通によって,朝鮮との交通の要地ともなった。北東に接するフンチヤン (渾江) 市には鉄と石炭が豊富に埋蔵されており,メイチー鉄道沿いにもティエチャン (鉄廠) 炭鉱,ラオリン (老嶺) 鉄鉱山がある。鉄鋼コンビナートを中心に機械,セメント,製材,製紙などの工業が急速に発達している。農産物の加工も盛んであるが,特にチョウセンヤマブドウのトンホワワインは全国に名を知られている。メイチー鉄道の支線でフンチヤン市の鉱業地域と結ばれる。人口 219万 1151 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トンホワ(通化)特別市の関連キーワードトンホワ(敦化)市チーアン(集安)市

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android