コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンリヤオ(通遼)市 トンリヤオTongliao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンリヤオ(通遼)〔市〕
トンリヤオ
Tongliao

中国北部,内モンゴル (蒙古) 自治区北東部の市。ジュリム (哲里木) 盟の行政中心地。内モンゴル高原東麓の草原と砂漠が入り交る地域にあり,シーリヤオ (西遼) 河にのぞむ。ターチョン (大鄭) 鉄道,チントン (京通) 鉄道,トンシャン (通譲) 鉄道が通り,北西のフオリンホー (霍林河) 炭鉱に支線を通じる。シーリヤオ河の流域では砂防施設,灌漑施設の建設が進められ,牧草地と耕地の拡大がはかられているため,その基地として重要な役割を果す。また機械,製糖,製紙,化学,ガラス,皮革,乳製品などの工業が急速に発展している。人口 68万 8802 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トンリヤオ(通遼)市の関連キーワードジュリム(哲里木)盟ハイラル(海拉爾)市シーリヤオ(西遼)河

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android