西遼(読み)せいりょう(英語表記)Xi-liao; Hsi-liao

  • せいりょう ‥レウ
  • せいりょう〔レウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

12世紀初めから 13世紀初めまで中央アジアにあった国家。 1124年に西走した (→契丹 ) の王族耶律大石 (→徳宗) が中央アジアに侵入して建国した。イスラム史料ではカラ・キタイといい,「黒い契丹」の意味である。首都はチュー川流域のベラサグン。この国は中国化された遼の王族が建てたので,中国式の行政組織が採用され,年号が用いられ,廟号が立てられるなどしたが,実際にはそれらは形式的なものにすぎず,先住民には無関係のものであった。 1218年にチンギス・ハンに滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

遼の王族耶律大石やりつだいせきがカラハン朝を滅ぼして建てた国(1132~1211)。東西トルキスタンを支配したが、トルコ系のナイマン部に国を奪われた。カラキタイ。黒契丹。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

遼の王族耶律大石が、遼の滅亡後中央アジアに建てた国(一一三二‐一二一一)。イスラムの史家はカラキタイ(黒契丹)と呼ぶ。東西トルキスタンを支配して、金、セルジュク‐トルコと争ったが、三代でナイマンのクチュルクに国を奪われた。西方イスラム世界と東方中国との文化交流に大きな役割を果たした。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の西遼の言及

【カラ・キタイ】より

…1132‐1211∥12年。西遼ともいう。中国の一部をも領有した遼王朝の王族の出身者である耶律大石(やりつだいせき)が1132年,東カラ・ハーン朝の首都ベラサグンを占領して建国。…

※「西遼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android