コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トークンリング とーくんりんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トークンリング

IEEE802.5で規定されている伝送方式。トークンリングは、全体が1つの輪(リング型)になるようにネットワークが接続される。ここへ「フリートークン」という小さなパケットが流され、一方向に受け渡されながらリング内を循環することからトークンリングと呼ばれる。データを送りたいホスト(ステーション)があれば、フリートークンが自分の手元に到着した際にデータとトークンを一緒にしてネットワークへ送り出す。このデータが添付された状態のトークンは「ビジートークン」と呼ばれ、リングを辿って宛先のステーションまで送り届けられる。宛先ステーションではデータを受け取った後、受領済みのビジートークンをリングに沿って送信元まで返す。最後に、送信元ステーションは戻ってきたビジートークンをフリートークンにしてネットワークに戻す。つまり、トークンリングではEthernetのようなコリジョンは発生しない。また、データを送った後にはビジートークンが必ず戻ってくるため、到着確認が確実に行なえるというメリットがある。しかし、フリートークンが回ってこない限り、他のステーションはデータを送れないというデメリットもある。これは、データを送ってからフリートークンを解放することで、他のステーションがデータ送信を行なえる機会を増やした「アーリートークンリリース」方式(IEEE802.5i)によって解決されたが、安価な10BASE-Tが広く普及するのにともなって、トークンリングは廃れていった。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トークン‐リング(token ring)

米国IBM社が開発した、LAN伝送規格の一。名称は通信機器を環状に接続することに由来する。IEEE802.5。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トークンリング【token ring】

ラン(LAN)の接続方法の一。コンピューターを環状に接続し、トークンと呼ばれる特殊な信号の中継をきっかけとして情報の受け渡しを行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のトークンリングの言及

【コンピューターネットワーク】より

… コンピューターや交換機を結ぶ通信回線には,構内のような近距離を結ぶLAN(Local Area Network)と,離れた場所を結ぶWAN(Wide Area Network)とがある。前者の代表的なものとして,イーサネット,トークンリング,FDDI(Fiber Distributed Data Interface)などがある。後者の代表的なものとして,専用線,ISDN(Integrated Services Digital Network:サービス総合ディジタル網),ATM(Asynchronous Transfer Mode:非同期転送モード)網,フレームリレーなどがある。…

※「トークンリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

トークンリングの関連キーワード100VGリング型ネットワークアクティブモニターコンピューターイーサネットカテゴリーFDDIトポロジ信号中継

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android