コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トークンリング とーくんりんぐ

3件 の用語解説(トークンリングの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トークンリング

IEEE802.5で規定されている伝送方式トークンリングは、全体が1つの輪(リング型)になるようにネットワークが接続される。ここへ「フリートークン」という小さなパケットが流され、一方向に受け渡されながらリング内を循環することからトークンリングと呼ばれるデータを送りたいホストステーション)があれば、フリートークンが自分の手元に到着した際にデータとトークンを一緒にしてネットワークへ送り出す。このデータが添付された状態のトークンは「ビジートークン」と呼ばれ、リングを辿って宛先のステーションまで送り届けられる。宛先ステーションではデータを受け取った後、受領済みのビジートークンをリングに沿って送信元まで返す。最後に、送信元ステーションは戻ってきたビジートークンをフリートークンにしてネットワークに戻す。つまり、トークンリングではEthernetのようなコリジョンは発生しない。また、データを送った後にはビジートークンが必ず戻ってくるため、到着確認が確実に行なえるというメリットがある。しかし、フリートークンが回ってこない限り、他のステーションはデータを送れないというデメリットもある。これは、データを送ってからフリートークンを解放することで、他のステーションがデータ送信を行なえる機会を増やした「アーリートークンリリース」方式(IEEE802.5i)によって解決されたが、安価な10BASE-Tが広く普及するのにともなって、トークンリングは廃れていった。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トークン‐リング(token ring)

米国IBM社が開発した、LAN伝送規格の一。名称は通信機器を環状に接続することに由来する。IEEE802.5

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トークンリング【token ring】

ラン(LAN)の接続方法の一。コンピューターを環状に接続し、トークンと呼ばれる特殊な信号の中継をきっかけとして情報の受け渡しを行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトークンリングの言及

【コンピューターネットワーク】より

… コンピューターや交換機を結ぶ通信回線には,構内のような近距離を結ぶLAN(Local Area Network)と,離れた場所を結ぶWAN(Wide Area Network)とがある。前者の代表的なものとして,イーサネット,トークンリング,FDDI(Fiber Distributed Data Interface)などがある。後者の代表的なものとして,専用線,ISDN(Integrated Services Digital Network:サービス総合ディジタル網),ATM(Asynchronous Transfer Mode:非同期転送モード)網,フレームリレーなどがある。…

※「トークンリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トークンリングの関連キーワードシリアル伝送パラレル伝送ボーレートピンポン伝送方式伝染病院伝送路時分割制御伝送方式和針局方塩プレーイングサーフェス