コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トークン とーくん

3件 の用語解説(トークンの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トークン

ソースコードの単位要素ソースコードを構成する最小単位の要素のこと。変数名や予約語、演算子、定数などがこれに相当する。コンパイルの処理工程のひとつである字句解析では、トークン単位で実際の値に展開するかどうかを判断している。終端記号とも呼ぶ。コンパイル字句解析パスワードの生成装置ワンタイムパスワードを生成するための装置。外出先からサーバーに接続する場合などに利用される。カード型などの「ハードトークン」や、パソコンなどにインストールして利用する「ソフトトークン」がある。ワンタイムパスワード

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トークン(token)

《証拠の意》コンピューターネットワーク上でデジタル認証を行うための小型装置。カード型やUSB型などがある。認証トークン。セキュリティートークン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トークン【token】

(ゲーム機や自動入場機などで使う)代用硬貨。
象徴。しるし。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トークンの関連キーワード空文ソースファイルプログラムリストカスタードソースソースレードル

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トークンの関連情報