コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーネ[川] Torneälva

世界大百科事典 第2版の解説

トーネ[川]【Torneälva】

ノルウェー国境のアビスコヨックAbiskojokk湖に発し,スウェーデン最北部を流れてボスニア湾最奥に注ぐ。全長570km。トルネ川とも呼ばれ,フィンランド語ではトールニオ川Tornionjoki。中流でフィンランド国境を流れるムオニオMuonio川と合流し,下流ではトーネ川が国境となる。上流は高原でサーメ人(ラップ人)のトナカイ遊牧地,中流は針葉樹林,下流は湿原が多い。河口のフィンランド側にトーネTorne町,スウェーデン側にハパランダHaparanda町があり,林業と物資集散の中心地になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android