トーマス・エドワード ソープ(英語表記)Thomas Edward Thorpe

20世紀西洋人名事典の解説


1835.12.8 - 1925.2.23
英国の化学者。
元・ロンドン大学教授,元・インペリアル・カレッジ教授。
マンチェスター近郊生まれ。
マンチェスター大学やハイデルベルク大学で学び、グラスゴー大学教授を経て、リーズ大学教授やロンドン大学教授を歴任し、1909年インペリアル・カレッジ教授となる。金やケイ素原子量測定や、フッ化水素の蒸気密度の測定によって重合を発見する。著書に「A Dictionary of Applied Chemistry」7巻(1873年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android