トーマス・エドワード ソープ(英語表記)Thomas Edward Thorpe

20世紀西洋人名事典の解説

トーマス・エドワード ソープ
Thomas Edward Thorpe


1835.12.8 - 1925.2.23
英国の化学者。
元・ロンドン大学教授,元・インペリアル・カレッジ教授。
マンチェスター近郊生まれ。
マンチェスター大学やハイデルベルク大学で学び、グラスゴー大学教授を経て、リーズ大学教授やロンドン大学教授を歴任し、1909年インペリアル・カレッジ教授となる。金やケイ素の原子量の測定や、フッ化水素の蒸気密度の測定によって重合を発見する。著書に「A Dictionary of Applied Chemistry」7巻(1873年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android