トーマス・ジョン ワトソン(英語表記)Thomas John Watson

20世紀西洋人名事典の解説

トーマス・ジョン ワトソン
Thomas John Watson


1874.2.17 - 1956.6.19
米国の実業家
元・国際商業会議所会頭。
ニューヨーク州生まれ。
1895年ナショナル金銭登録機社入社。1908年取締役。’13年解雇され、コンピューティング・ダビュレーティング・レコーディング社に入社。’24年同社代表取締役となる。「考えよ」という言葉をモットーに研究開発、販売促進を有機的に関連させた独自の経営を行う。また、社名をインターナショナル・ビジネス・マシーンズ(IBM)に変更。’33年国際商業会議所会頭。’35年政府から統計機の多額の注文を受け事業を拡大。海外にも進出し、’49年IBM世界貿易会社を設立。歴代大統領とも親交を持った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android