コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツドーム ドイツドーム

1件 の用語解説(ドイツドームの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ドイツドーム【ドイツドーム】

ドイツの首都ベルリン(Berlin)の大通りウンターデンリンデンUnter den Linden)近くのジャンダルメンマルクト広場(Gendarmenmarkt)に建っている、同国最大のプロテスタント教会の聖堂。コンツェルトハウス(旧シャウシュピールハウス)をはさんで、左右にドイツドームとフランスドーム(Französischer Dom)が左右対称に並んでいる。ドイツドームは1708年に竣工(しゅんこう)、その後、プロイセンフリードリヒ2世フリードリヒ大王)によりドームと円柱堂が増築された。ドームの中では「ドイツ史に問う」という展示が行われている。◇現地名は「Deutscher Dom」。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ドイツドームの関連キーワード三B政策勝又悠パーマーの危機脱出ベルリン・ゲームベルリン・天使の詩ベルリンの葬送ヘリコップ紺青三B政策さんビーせいさく

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone