コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥルカドル侯国 ドゥルカドルこうこくDulkadıroǧulları

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥルカドル侯国
ドゥルカドルこうこく
Dulkadıroǧulları

1337年オグズ族の一派ボゾク族のゼイニュッディン・カラジャ・ベイがアナトリア東部のマラシュ,エルビスタン地方に建てた侯国。最初はマムルーク朝に従っていたが,48年に独立。 1522年にはオスマン帝国の支配下に入った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドゥルカドル侯国の関連キーワード尊良親王エドワード3世トガ・テムル朝百年戦争フェデリーコ3世[シチリア王]百年戦争グッドデザイン賞瓜生保元元集寂地山

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android