コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドップラー航法装置(読み)ドップラーこうほうそうち(英語表記)Doppler navigator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドップラー航法装置
ドップラーこうほうそうち
Doppler navigator

ドップラー効果を利用する航法装置。飛行中の航空機から電波を発信し,対地速度や偏流角を測定,地表に対する機体の位置を連続的に知ることができる。航空機から斜め前下方に電波を送り,その反射波を受けると,ドップラー効果により送受信波の周波数の間には,飛行速度の送信方向成分に比例した差が生ずる。この周波数差から機体の対地速度がわかる。また,航空機の上下軸まわりに回転するアンテナから,斜め前方の左右2方向へ電波を送り,ドップラー効果が等しくなるようにアンテナを回転すると,二つの電波ビームの二等分線の方向が,機体の地表に対する進行方向を示す。進行方向が機体の対称面内にない場合は,機体が風に流されているわけで,その間の角が偏流角であり,上記の方法で,これをはかる。以上の装置にコンピュータを組み合わせて,出発点からの機体の航跡,したがって刻々の位置が求められる。ドップラー航法装置は,地上の援助施設に頼ることなく,対地速度や位置を知ることができ,高能力の装置として賞用される。 (→航空航法 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android