コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空航法 こうくうこうほうaerial navigation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空航法
こうくうこうほう
aerial navigation

航空機を出発地から目的地まで正しく飛行させるための方法。二つの要素からなる。一つは飛行中の時々刻々の航空機の位置を確認すること。もう一つは確認した位置から目的地までの飛行経路を確定することである。そのためには地文航法,電波航法(無線航法),天測航法,慣性航法,推測航法など,いくつもの方法がある。地文航法は,操縦士が地形,地理を視認しながら飛ぶ方法,電波航法は,自動方向探知装置 ADF,超短波全方向式無線標識 VOR,距離測定装置 DME,ロランなど地上の航行援助電波施設を使用しながら飛ぶ方法,慣性航法はジャイロを利用した慣性航法装置によって飛ぶ方法,推測航法は出発地点から目的地または中継地点まで飛行するための飛行方位,速度および時間を,風速などを考慮に入れてあらかじめ算出し,それによって飛行する方法である。さらに全地球測位システム GPSを利用して現在位置を確認し,目的地までの経路を定める航法も多く使われている。(→航法

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

航空航法の関連キーワードドップラー航法装置極地航法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android