ドネルケバブ(英語表記)doner kebab

翻訳|doner kebab

デジタル大辞泉の解説

ドネル‐ケバブ(doner kebab)

トルコ料理の一。羊などの肉のスライスを何層にも重ねたかたまりを、垂直のに刺して、回転させながらあぶり焼きにしたもの。焼けた部分から削ぎ落とし、野菜と一緒にパンに挟むなどして食べる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ドネルケバブ【döner kebap(トルコ)】

トルコの焼き肉料理の一種。薄切りにした肉に下味をつけ、串に刺し重ねて大きなかたまりにし、串を回転させながら外側から焼き、焼けたところからそぎ切りにしたもの。野菜とともにピタに詰めるなどして食べる。鶏肉・牛肉・羊肉などが用いられる。◇「ドネル」は「回転する」という意、「ケバフ」は焼いた肉料理の総称。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドネルケバブの関連情報