下味(読み)シタアジ

  • したあじ ‥あぢ
  • したあじ〔あぢ〕

デジタル大辞泉の解説

調理をする前に、あらかじめ材料に味つけをしておくこと。「塩・胡椒(こしょう)で下味をつける」
相場が下がり気味になること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

料理の材料に塩・醬油などであらかじめ味をつけておくこと。また、その味。 -をつける
相場が下がりぎみになること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 相場が下がっていく傾向にあること。下足取。安定取。〔取引所用語字彙(1917)〕
② 味見のこと。
※津軽の野づら(1935)〈深田久彌〉帰京「武は山に居た頃爺の作った濁酒の下味をしたことがあり」
③ 肉、魚、野菜などの材料に、調味料や香辛料であらかじめ味をつけておくこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下味の関連情報