ドミヌス(英語表記)dominus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミヌス
dominus

ラテン語で主人,所有者 (特に奴隷の) をさす。ローマ帝政期に入り,元首権力が確立する過程で,政治的支配者の称号としても用いられはじめた。ガイウス・カエサル (カリグラ) 帝,ドミチアヌス帝らはみずからドミヌスを称号に付し,「主にして神」 dominus et deusと呼ばせ,これはディオクレチアヌス帝のとき公式に皇帝の称号となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android