コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミヌス dominus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミヌス
dominus

ラテン語で主人,所有者 (特に奴隷の) をさす。ローマ帝政期に入り,元首権力が確立する過程で,政治的支配者の称号としても用いられはじめた。ガイウス・カエサル (カリグラ) 帝,ドミチアヌス帝らはみずからドミヌスを称号に付し,「主にして神」 dominus et deusと呼ばせ,これはディオクレチアヌス帝のとき公式に皇帝の称号となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドミヌスの関連キーワードジョン・エリオット ガーディナープリンキパトゥスドミナツス体制ドミナトゥスカンティクム

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android