ドモドッソラ(英語表記)Domodossola

世界大百科事典 第2版の解説

ドモドッソラ【Domodossola】

イタリア北部ピエモンテ州ノバラ県の都市。人口2万0069(1981)。アルプスのいくつかの谷の合流する標高272mの盆地にあり,その起源はローマ時代にさかのぼる。1906年,付近のスイス・イタリア国境のシンプロン峠を貫通する鉄道トンネルの完成により,ヨーロッパ交通上重要な地点を占めることになり,人口も増加した。化学,金属,機械などの工業が立地している。【萩原 愛一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドモドッソラ
どもどっそら
Domodossola

イタリア北西部、ピエモンテ州ベルバーノ・クジオ・オッソラ県の都市。人口1万8519(2001国勢調査速報値)。アルプス山麓(さんろく)のトーチェ川沿いに位置する。1906年のシンプロン峠の鉄道トンネル開通に伴い、交通、通商の要地となる。化学、金属、機械の諸工業が行われる。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android