ドラバ川(読み)ドラバがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラバ川
どらばがわ
Drava

アルプス東部に発し、スロベニアクロアチア北部を東流してクロアチアのオシエク東方でドナウ川に注ぐ川。ドラバは英語で、ドイツ語ではドラウ川Drauという。イタリア、オーストリア、スロベニアを通り抜け、クロアチアとハンガリーの国境(150キロメートル)を流れる。全長720キロメートル、流域面積4万0360平方キロメートル。スロベニア北部のマリボルを境に、上流は峡谷部を、下流は平原を流れる。[三井嘉都夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android