コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラバ川 ドラバがわ

2件 の用語解説(ドラバ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラバ川
ドラバがわ

ドラウ川」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドラバ川
どらばがわ
Drava

アルプス東部に発し、スロベニアクロアチア北部を東流してクロアチアのオシエク東方でドナウ川に注ぐ川。ドラバは英語で、ドイツ語ではドラウ川Drauという。イタリアオーストリア、スロベニアを通り抜け、クロアチアとハンガリーの国境(150キロメートル)を流れる。全長720キロメートル、流域面積4万0360平方キロメートル。スロベニア北部のマリボルを境に、上流は峡谷部を、下流は平原を流れる。[三井嘉都夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone