ドリブル(英語表記)dribble

翻訳|dribble

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
サッカーやラグビーなどで、ボールを蹴りながら前進すること。
バスケットボールやハンドボールで、手でボールをつきながら進むこと。
ホッケーなどで、スティックで球を小刻みにころがしながら前進すること。
ダブルコンタクト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
ラグビーやサッカーで、ボールを小さく蹴りながら進むこと。
ハンドボールやバスケットボールで、手でボールをつきながら進むこと。
ホッケーやアイスホッケーで、スティックで球やパックをあしらいながら進むこと。
水球で、ボールを頭の前に置き、顔をあげて泳ぎながらボールを前進させること。
バレーボールで、一人の選手がボールに続けて二度以上触れる反則。
卓球・バドミントンで、ボールまたはシャトルコックを続けて二度打つこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (dribble)
① バスケットボール・ハンドボール・水球・サッカー・ラグビー・ホッケー・アイスホッケーで、手でついたり小刻みに蹴ったり小刻みにころがしたりして球やパックを進めること。〔モダン用語辞典(1930)〕
② スポーツで、反則の一つ。
(イ) バレーボールで、同じプレーヤーが続けてボールに二度以上触れること。
(ロ) バドミントンで、同じプレーヤーがシャトルコックを続けて二回打つこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のドリブルの言及

【バレーボール】より

… スクリーンscreenサーバーが打つサーブコース等を意識的に相手から見えなくするサービスチーム側の反則。 ダブルコンタクトdouble contact旧ドリブルのこと。1人のプレーヤーがボールを連続して2回打ったり,あるいはボールが身体の数ヵ所に連続して触れた場合の反則。…

【ラグビー】より

…トーナメント方式の大会においてはこれまで同点となった場合は抽選が行われていたが,現在ではトライの獲得数,ゴールキックの成功数などによってトーナメント進出チームを決定している。 プレーヤーは手でボールを持って走り,自分よりうしろのものにパスし,あるいはキックやドリブルで前進する。相手の攻撃を防ぐには,キックやドリブルされたボールをとったり,相手のパスをインターセプトするほか,ボールを持った相手をタックルして倒したり,地上のボールを倒れこんでかかえるセービングなどがある。…

※「ドリブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドリブルの関連情報