コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリュモン Édouard‐Adolphe Drumont

世界大百科事典 第2版の解説

ドリュモン【Édouard‐Adolphe Drumont】

1844‐1917
フランスジャーナリスト,政治家。パリに生まれ,セーヌ県庁につとめたあとジャーナリズムに入った。1886年,19世紀のフランスにおけるユダヤ人の影響を告発する《ユダヤ人のフランス》を刊行して大きな反響を呼び,引き続いて多くの反ユダヤ主義の著作を発表していくつかの決闘事件を引きおこした。92年には反ユダヤ主義の日刊紙《リーブル・パロール》を創刊,激しい反ドレフュスのキャンペーンを行った。98年にはアルジェから立候補して下院に当選,1902年には落選した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ドリュモンの関連キーワードレオン ドーデベルナノスドーデ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android