ドリュモン(英語表記)Édouard‐Adolphe Drumont

世界大百科事典 第2版の解説

ドリュモン【Édouard‐Adolphe Drumont】

1844‐1917
フランスのジャーナリスト,政治家。パリに生まれ,セーヌ県庁につとめたあとジャーナリズムに入った。1886年,19世紀のフランスにおけるユダヤ人の影響を告発する《ユダヤ人のフランス》を刊行して大きな反響を呼び,引き続いて多くの反ユダヤ主義の著作を発表していくつかの決闘事件を引きおこした。92年には反ユダヤ主義の日刊紙《リーブル・パロール》を創刊,激しい反ドレフュスのキャンペーンを行った。98年にはアルジェから立候補して下院当選,1902年には落選した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android