コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロボヤ ドロボヤCorella japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドロボヤ
Corella japonica

原索動物門尾索亜門ホヤ綱腸性目コレラ科。体長 2cm以下。体は楕円形外皮は透明で軟らかく,右側に根状突起をもつ。西北太平洋の砂泥地に広く分布し,本州,四国,九州の諸内湾にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドロボヤ【Corella japonica】

ホヤ綱ドロボヤ科の原索動物。体の表面が泥で覆われているのでこの名がある。本州以南の内湾の砂泥上で生活する。体長2cm以下の楕円形で,外皮は透明で軟らかく,体の右側か右側の後方から多くの根状突起が生じ,これで砂泥上に定着する。【今島 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドロボヤの関連キーワードスボヤ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android