コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロー どろお

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドロー

グラフィックの表現方法のひとつ。グラフィックを直線曲線の方向や長さのデータとして扱う。データが数値で表現されるので、ドットにくらべて正確な描画が可能。滑らかな曲線を描いたり、図形を変形するのに向いている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ドロー(draw)

スポーツの試合で、引き分けること。
テニス・ゴルフなどの競技の組み合わせの抽選。
ドローボール」の略。
ドローイング1」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ドロー【draw】

スポーツ用語としてのドローの始まりは競馬である。意味は,競走馬を競馬場から引き上げさせて勝負の決着をつけない,つまり,〈無勝負〉ということにある。これが転じて〈引分け〉となった。このことばがいつから用いられるようになったかは不明である。ただし,イギリスの競馬が盛んに行われるようになるのはそれほど古いことではないので,このことばそのものは比較的新しいと考えられる。こんにちでは,ドローン・ゲームdrawn game,すなわち〈引分け〉〈無勝負〉の試合の意味で用いられており,略称して〈ドロー〉と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ドロー【draw】

スポーツの試合の組み合わせを決めるための抽選。また、そうしてできた組み合わせ。
ボクシングなどの試合で、引き分け。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ドローの関連キーワードアイ・キャント・メイク・ユー・ラブ・ミーMacromedia FireworksMacromedia FreeHandAdobe IllustratorMacromedia Flashdrawing softwarePaint Shop Proエクステンション・テーブルコンピューター・ランキングドローイングソフトウエアNewCID フォントIllustratorAppleWorksグラフィックスソフトExpressionクラリスインパクトCorelDRAWグラフィックソフトアーチェリーの用語エンディングロール

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドローの関連情報