コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロー どろお

4件 の用語解説(ドローの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドロー

グラフィックの表現方法のひとつ。グラフィックを直線や曲線の方向や長さのデータとして扱う。データが数値で表現されるので、ドットにくらべて正確な描画が可能。滑らかな曲線を描いたり、図形を変形するのに向いている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ドロー(draw)

スポーツの試合で、引き分けること。
テニス・ゴルフなどの競技の組み合わせの抽選。
ドローボール」の略。
ドローイング1」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドロー【draw】

スポーツ用語としてのドロー始まりは競馬である。意味は,競走馬を競馬場から引き上げさせて勝負の決着をつけない,つまり,〈無勝負〉ということにある。これが転じて〈引分け〉となった。このことばがいつから用いられるようになったかは不明である。ただし,イギリスの競馬が盛んに行われるようになるのはそれほど古いことではないので,このことばそのものは比較的新しいと考えられる。こんにちでは,ドローン・ゲームdrawn game,すなわち〈引分け〉〈無勝負〉の試合の意味で用いられており,略称して〈ドロー〉と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ドロー【draw】

スポーツの試合の組み合わせを決めるための抽選。また、そうしてできた組み合わせ。
ボクシングなどの試合で、引き分け。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドローの関連キーワードケーツースポーツウエアスポーツマンマリンスポーツスポーツ刈スポーツシャツスポーツ用多目的車ワドローペンレンジローバースポーツイグニオ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドローの関連情報