コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドワ・サンモ伝 ドワ・サンモでん'Gro ba bsang mo'i rnam thar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドワ・サンモ伝
ドワ・サンモでん
'Gro ba bsang mo'i rnam thar

チベットの仏教説話。作者,成立年代未詳。文体,内容からみて,インドの説話をチベットの仏教僧が翻案したものと考えられる。口頭でも広く知られ,巡回物語師ラマ・マニおよびアチェ・ハモの演目の一つ。バラモンの老夫婦の美しい一人娘ドワ・サンモは,異教徒のカラワンボ王の妃となり,王子と王女をもうける。しかし第一王妃ハチャンの激しいねたみを知り,他界する。ハチャンは王を薬で狂人にし,王子と王女を暗殺人の手で殺害しようとする。しかし2人は仏教への厚い信仰心と母の化身の助力により隣国の王となってハチャンを破り,父王を救うという筋。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドワ・サンモ伝の関連キーワードチベット

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android