ドーリア人(読み)ドーリアじん(英語表記)Dorians

旺文社世界史事典 三訂版「ドーリア人」の解説

ドーリア人
ドーリアじん
Dorians

前1200〜前1000年ごろ,鉄器をもって最も遅れてギリシア南下・侵入したギリシア人の一分派。ドーリス人ともいう
ペロポネソス半島に移動して定住し,クレタ島や小アジア海岸にも植民市を建てた。西方語群のドーリア方言を使用した。代表的ポリススパルタ

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のドーリア人の言及

【ドリス人】より

…古代ギリシア人の一分派で,ドリス方言を語るもの。ドーリア人ともいう。ドリス人は前1200‐前1100年ころペロポネソス半島に北方から侵入してきたと考えられてきたが,近年ミュケナイ文明を破壊したのは〈海の民〉であって,その後にドリス人が来たとの説が有力となった。…

※「ドーリア人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android