ナイキJ(読み)ナイキジェー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ナイキJ」の解説

ナイキJ
ナイキジェー

日本の航空自衛隊地対空ミサイル。 1958年アメリカ陸軍が実用化したナイキ・ハーキュリーズを非核弾頭専用に改造して,67年に採用。射程約 130km,マッハ約3,全長約 12.5m,直径約 80cm,発射重量約 4.5t,推進方式は2段固体ロケット,誘導方式は無線指令。レーダなどの地上装置を除いて,国産化されていたが,順次パトリオット・ミサイルと交代

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android