コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナクソス Naxos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナクソス
Naxos

シチリア島における最初の古代ギリシアの植民市 (アポイキア ) 。前 735年頃ハルキスによって島の東岸,現タオルミナの南方に建設された。前 461年以降,アテネやレオンチノイと結んでシラクサに対抗したが,前 403年にはシラクサのディオニュシオス1世によって破壊され,領土はシケルス人に与えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナクソスの関連キーワードヴィクロリア デ・ロス・アンヘレスエリザベート シュワルツコプハンス・ペーター レーマンマリア イヴォーギュンデ・ロス・アンヘレスセーナ ユリナッチデルフィ考古博物館メラニー ホリデイクラウス ハイマンキクラデス[諸島]ディアナ ダムラウシュワルツコップイヴリン リアーポリュクラテスポール カランディオニュソスアリスタゴラスナクソス[島]レオニダイオンキクラデス諸島

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナクソスの関連情報