コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナクソス ナクソスNaxos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナクソス
Naxos

シチリア島における最初の古代ギリシアの植民市 (アポイキア ) 。前 735年頃ハルキスによって島の東岸,現タオルミナの南方に建設された。前 461年以降,アテネやレオンチノイと結んでシラクサに対抗したが,前 403年にはシラクサのディオニュシオス1世によって破壊され,領土はシケルス人に与えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナクソスの関連キーワードヴィクロリア デ・ロス・アンヘレスエリザベート シュワルツコプハンス・ペーター レーマンマリア イヴォーギュンデ・ロス・アンヘレスディアナ ダムラウセーナ ユリナッチメラニー ホリデイクラウス ハイマンデルフィ考古博物館キクラデス[諸島]イヴリン リアーシュワルツコップポリュクラテスナクソス[島]ポール カランディオニュソスレオニダイオンキクラデス諸島アリスタゴラス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナクソスの関連情報