コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナシ文字(納西文字) ナシもじ

1件 の用語解説(ナシ文字(納西文字)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナシもじ【ナシ文字(納西文字)】

ナシ族によって古くから使われていた文字で,モソ文字とも呼ばれる。表意・象形文字(トンパ文字)と表音文字(コバ(哥巴)文字)の2種類がある。ともに主として巫師(一種のシャーマン。トンパと呼ばれる)が使い,一般の人々には読めない。トンパ文字の字形はきわめて象形的な性格を保持していて,甲骨文字(甲骨文)などとよく似ている。世界の文字の中で,いわば〈生きた化石〉文字として貴重な存在である。すべて手書きで,紙面を仕切った枠の中に書き込むが,言葉の順序どおりには並べないという特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナシ文字(納西文字)の関連キーワードクレタ文字象形文字古字綴字日本手拭い唐草文様旧る和針撫育方

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone