コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナシ文字(納西文字) ナシもじ

世界大百科事典 第2版の解説

ナシもじ【ナシ文字(納西文字)】

ナシ族によって古くから使われていた文字で,モソ文字とも呼ばれる。表意象形文字(トンパ文字)と表音文字(コバ(哥巴)文字)の2種類がある。ともに主として巫師(一種のシャーマン。トンパと呼ばれる)が使い,一般の人々には読めない。トンパ文字の字形はきわめて象形的な性格を保持していて,甲骨文字(甲骨文)などとよく似ている。世界の文字の中で,いわば〈生きた化石〉文字として貴重な存在である。すべて手書きで,紙面を仕切った枠の中に書き込むが,言葉の順序どおりには並べないという特徴がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android