ナチケータス(英語表記)Naciketas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナチケータス
Naciketas

インドのベーダ聖典における重要な登場人物。『タイッティリーヤ・ブラーフマナ』にも出てくるが,『カータカ・ウパニシャッド』には,ナチケータス少年が死者を司る神ヤマに死後の人の運命をたずねて,宇宙我であるブラフマン個我であるアートマンに関する哲理を説かれるという有名な記述がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android