コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナバドウィープ Nabadwīp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナバドウィープ
Nabadwīp

インド北東部,ウェストベンガル州東部の都市。旧称ナディア Nadia。コルカタ (カルカッタ) 北方約 96km,ガンジス川デルタ,バーギラティ分流西岸に位置。 1063年ベンガル地方一帯を支配したセーナ朝治下で建設された。ベーダーンタ学派の一派チャイタニヤ派を開いたチャイタニヤの生地で,その布教も活発であった。ヒンドゥー教の信仰,教育の中心地の一つで,多くの大学があり,サンスクリット語による宗教学論理学,社会学などの教学が行なわれている。人口 11万 5036 (2001) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android