コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナバホ語 ナバホごNavaho language

百科事典マイペディアの解説

ナバホ語【ナバホご】

北米,アメリカ・インディアン諸語の一つで,ナ・デネ大語族中のアサバスカ語族に属す。アリゾナ州,ニューメキシコ州,ユタ州などで,ナバホ族のうち約13万人が使用。アメリカでは有力なインディアン語で,現在も盛んに用いられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ナバホご【ナバホ語】

北米インディアン諸語のアサバスカ語族に属する言語。米国アリゾナ州・ニューメキシコ州・ユタ州のネーティブ-アメリカンの間で使われる。ネーティブ-アメリカンの言語のなかで最も話者数の多い言語の一つ。10種類のアスペクトがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のナバホ語の言及

【アメリカ・インディアン】より

…ア諸語全体に適用される有効な分類基準というものはなく,またア諸語に比較的よく見られる構造的特徴というものも,他の大陸言語にも見られるが,顕著なものとしては喉頭閉鎖音の多用,多くの形態素が連結して1語を形成すること,また動詞の中に名詞形が取り込まれる名詞抱合と称する現象が挙げられる。第2次大戦中ナバホ語(アサバスカ語族に属し,アリゾナ,ユタなどで10万人の話し手をもつ北アメリカでは有力な言語)はその構造の複雑さのゆえにアメリカ合衆国側の暗号用に使われた(t,k,ch,m,n,yの子音にはさらに喉頭化されたものが加わり,母音は八つ)。旧大陸から移動したという推定に基づき,両大陸間のある言語間には親縁関係が予想され,例えばエスキモー・アレウト語族とウラル・アルタイ語族,ホカ語族とマレー・ポリネシア語族など,今までいくつかの比較が試みられてはいるが,確実に証明された事例はまだない。…

※「ナバホ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナバホ語の関連キーワードアメリカ・インディアン諸言語アメリカンアスペクトローハイム北アメリカナバホ族ホピ語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android