コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナヨシダ common bladder‐fern

世界大百科事典 第2版の解説

ナヨシダ【common bladder‐fern】

通常岩上に生え,比較的小型で,なよなよとひ弱な感じを与えるメシダ科の温帯性シダ。夏緑性。根茎は斜上または短くはい,葉柄基部が枯れ残る。葉は葉柄基部とともに披針形,全縁で,淡褐色で薄膜質の鱗片がつく。葉柄は5~15cm。葉身は卵状披針形~楕円状披針形,薄い草質,10~20cm,無毛,2回羽状複葉。小羽片は中裂し,葉脈は遊離脈。胞子囊群は葉脈の上につき,円形,包膜はうしろから胞子囊をおおうが,胞子囊が成熟して大きくなるとそれに敷かれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android