コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナリーニョ ナリーニョNariño, Antonio

1件 の用語解説(ナリーニョの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナリーニョ
Nariño, Antonio

[生]1765
[没]1823
ヌエバグラナダ (現コロンビア,ベネズエラ,エクアドル,パナマ) 独立運動の指導者。クリオーリョの出身。フランスの「人権宣言」をスペイン語に翻訳,発表したため逮捕された。その後クンディナマルカ (ボゴタを含むヌエバグラナダの中央部) の政権を握り,スペイン本国軍と交戦,敗れて 1813年スペインに送られた。 21年 S.ボリバルによって大コロンビア共和国の副大統領に任命され,独立運動の先駆者として尊敬された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナリーニョの関連キーワード中野碩翁長瀬真幸ゲーテ(年譜)荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊科学史白河藩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナリーニョの関連情報