ナリ活用(読み)ナリカツヨウ

デジタル大辞泉「ナリ活用」の解説

なり‐かつよう〔‐クワツヨウ〕【ナリ活用】

文語形容動詞活用形式の一。「静かなり」「丁寧なり」などのように、終止形語尾が「なり」の形をとるもの。元来、「静かに」「丁寧に」などの形が動詞「あり」に結びついた「静かにあり」「丁寧にあり」の音変化したもので、これに「―に」の形も連用形に加えて、「なら・なり(に)・なり・なる・なれ・なれ」と変化する。このは、口語では、「―だ」の形になっている。→形容動詞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ナリ活用」の解説

なり‐かつよう ‥クヮツヨウ【ナリ活用】

〘名〙 文語形容動詞の活用形式の一つ。「静かなり」「のどかなり」などの活用。もと、「に」を伴う副詞に「あり」が融合して生じたもので、活用もラ変と同じであるが、普通「静かに」「のどかに」などの形も連用形に組み込んでいる。〔日本口語文法教本(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android