コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナロルフィン ナロルフィン nalorphine

1件 の用語解説(ナロルフィンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナロルフィン
ナロルフィン
nalorphine

C19H21NO3 。モルフィン拮抗剤。白色結晶。融点 208~209℃。水やエーテルに難溶。アルコール,アセトンに可溶。単独では鎮痛作用をもつが,モルヒネの中枢作用,たとえば呼吸抑制,鎮痛,鎮静および徐脈,便秘,抗利尿作用に拮抗するので,呼吸刺激薬としても用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナロルフィンの言及

【モルヒネ】より

…大量摂取による急性中毒では,昏睡,縮瞳,体温降下,呼吸抑制から呼吸停止で死亡する。急性中毒,とくに呼吸抑制には,拮抗薬のナロルフィンnalorphine,レバロルファンlevallorphanなどを適用する。小児,老人,衰弱者にはとくに呼吸抑制作用が強く現れるため,使用には注意を要する。…

※「ナロルフィン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナロルフィンの関連キーワードモルフィンエンドルフィンオキシチアミン拮抗剤抗ビタミン剤ビタミン拮抗剤アンギオテンシン拮抗薬プリン拮抗剤葉酸拮抗剤シングルフィン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone