コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナロルフィン ナロルフィンnalorphine

1件 の用語解説(ナロルフィンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナロルフィン
ナロルフィン
nalorphine

C19H21NO3 。モルフィン拮抗剤。白色結晶。融点 208~209℃。水やエーテルに難溶。アルコール,アセトンに可溶。単独では鎮痛作用をもつが,モルヒネの中枢作用,たとえば呼吸抑制,鎮痛,鎮静および徐脈,便秘,抗利尿作用に拮抗するので,呼吸刺激薬としても用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のナロルフィンの言及

【モルヒネ】より

…大量摂取による急性中毒では,昏睡,縮瞳,体温降下,呼吸抑制から呼吸停止で死亡する。急性中毒,とくに呼吸抑制には,拮抗薬のナロルフィンnalorphine,レバロルファンlevallorphanなどを適用する。小児,老人,衰弱者にはとくに呼吸抑制作用が強く現れるため,使用には注意を要する。…

※「ナロルフィン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone