コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナロルフィン nalorphine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナロルフィン
nalorphine

C19H21NO3 。モルフィン拮抗剤。白色結晶。融点 208~209℃。水やエーテルに難溶。アルコール,アセトンに可溶。単独では鎮痛作用をもつが,モルヒネの中枢作用,たとえば呼吸抑制,鎮痛,鎮静および徐脈,便秘,抗利尿作用に拮抗するので,呼吸刺激薬としても用いられる。しかし,依存性には拮抗しない。普通,臭化水素 (HBr) や塩酸 (HCI) と塩の形にして,水に溶けやすくして服用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のナロルフィンの言及

【モルヒネ】より

…大量摂取による急性中毒では,昏睡,縮瞳,体温降下,呼吸抑制から呼吸停止で死亡する。急性中毒,とくに呼吸抑制には,拮抗薬のナロルフィンnalorphine,レバロルファンlevallorphanなどを適用する。小児,老人,衰弱者にはとくに呼吸抑制作用が強く現れるため,使用には注意を要する。…

※「ナロルフィン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナロルフィンの関連キーワード塩酸ナロルフィン薬物の相互作用モルヒネ中毒メペリジン麻薬拮抗薬アセトンエーテル解毒剤可溶融点

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android