ナンヨウダカラガイ(読み)なんようだからがい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナンヨウダカラガイ
なんようだからがい / 南洋宝貝
golden cowry
[学]Callistocypraea aurantium

軟体動物門腹足綱タカラガイ科の巻き貝。マーシャル諸島やフィリピンなど太平洋熱帯海域に分布し、潮間帯下の岩礁にすむ。殻長80ミリ、殻径58ミリに達し、殻は背面が丸く膨らみ、殻表は朱色一色で光沢がある。腹面はやや平らで白色、狭い殻口の歯は橙(だいだい)色。美しい貝で、殻色からコガネダカラ(黄金宝)、アカダカラ(赤宝)などの別名がある。かつてフィジー諸島では、この貝を飾りとして身に着けるのは首長(しゅちょう)の特権であったという。いまだに高価で、収集家でこれを欲しがらない者はいないほどである。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナンヨウダカラガイの言及

【貝】より

…これは多少信仰的な意味もあったといわれている。熱帯太平洋の島々には美しい貝が多く,装身具に加工されるが,フィジー諸島では真紅のナンヨウダカラガイは長のみが身につけることが許された。また管状のビーズをつくり,祭礼の衣装につけた。…

【タカラガイ(宝貝)】より

…英名もmoney cowrieといい,学名もそれを意味する。 そのほか紅色のナンヨウダカラガイCallistocypraea aurantium(英名golden cowry)はフィジー島では長のみが着けることが許され,その地位を誇示する。またシンセイダカラガイ,オオサマダカラガイは世界的な珍貝で高価に売買される。…

※「ナンヨウダカラガイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android