コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナームデーブ ナームデーブNāmdev

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナームデーブ
Nāmdev

15世紀頃のインドの詩人,宗教家。マハーラーシュトラの仕立屋の子として生れ,低いカーストに属した。マラータ地方ではビシュヌ神はビトーバー (ビッタル) という名で崇拝されていたが,彼は万有のなかにビッタル神が存在し,それは宇宙の根源であるから,この神に対して敬虔な信仰を捧げよ,と教えた。そして心の清浄,謙虚,克己,寛恕,神を愛すること,などの徳をすすめた。彼の主張は下層階級の人々に受入れられ,彼自身は偶像崇拝を痛烈に批判したにもかかわらず,その信徒は偶像を用いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android