清浄(読み)ショウジョウ

  • しょうじょう シャウジャウ
  • しょうじょう〔シヤウジヤウ〕
  • せいじょう
  • せいじょう ‥ジャウ
  • せいじょう〔ジヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
清らかでけがれのないこと。また、そのさま。せいじょう。「清浄な(の)心」
仏語。煩悩(ぼんのう)・私欲・罪悪などがなく、心の清らかなこと。「六根清浄
[名・形動]清らかで、けがれのないこと。清潔なこと。また、そのさま。しょうじょう。「清浄空気

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
清らかでけがれのない・こと(さま)。せいじょう。 池の中は…淀よどんでゐる丈だけで、少しも-な趣はなかつたが/門 漱石
煩悩ぼんのうや罪などがなく、清らかなこと。 六根-
名 ・形動 [文] ナリ 
きよらかでけがれのない・こと(さま)。しょうじょう。 -な空気 -な柔やさしい処女/谷間の姫百合 謙澄
[派生] - さ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 清らかでけがれのないこと。また、そのさま。せいじょう。
※続日本紀‐神亀二年(725)七月戊戌「必憑幽冥、敬神尊仏、清浄為先」
※太平記(14C後)三二「清浄(シャウジャウ)ならん人をして、我身の金精(さび)を拭ふべし」
② 仏語。煩悩や悪行がなく、心身の清らかなこと。また、そのさま。
※観智院本三宝絵(984)下「もしこの身に五逆四重をかして比丘の法をうしなへらむかへりて清浄なることえて」
〘名〙
① (形動) 清らかでけがれのないこと。また、そのさま。しょうじょう。
※集義和書(1676頃)一四「英才は、必ず恭敬篤実の所不足也。しかれども、心の無欲清浄なる事はかはりなし」 〔書言字考節用集(1717)〕
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「アア貴嬢は清浄(セイジャウ)なものだ潔白なものだ」
② 数詞の一つ。極めて小さい数の単位で、10-21 にあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の清浄の言及

【忌∥斎】より

…現代では禁忌ないしタブーに比定されるが,古典的には異常な神聖に対する消極的な忌避の態度や習俗ばかりでなく,積極的な交渉や謹慎のそれをも含む。原始古代の神聖観念には,崇高,清浄,偉大,強力など畏敬すべき神聖のほかに危険,邪悪,汚穢(おわい)など忌避すべき不浄な神聖も含まれており,基本的には異常な神秘として日常から隔離され俗的扱いを禁止される意味をもつ。その意味から日本語でいう〈清浄〉も〈不浄〉も単なる衛生観念ではなく,共に事象の神聖なあり方をさし,それへの対処には宗教的に特別の配慮を要する。…

※「清浄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清浄の関連情報