寛恕(読み)カンジョ

デジタル大辞泉の解説

かん‐じょ〔クワン‐〕【寛×恕】

[名・形動](スル)
心が広くて思いやりのあること。また、そのさま。
「勇気ある人はその心―にして」〈中村訳・西国立志編
過ちなどをとがめだてしないで許すこと。「御寛恕を請う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんじょ【寛恕】

( 名 ) スル
心が広く、思いやりのあること。また、とがめずにゆるすこと。 「読者の-を請う」 「徳川氏は之を-したりと雖も/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐じょ クヮン‥【寛恕】

〘名〙 心が広く、思いやりのあること。また、心が広くて、あやまちなどをとがめだてせず許すこと。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一三「内(ねい)、また寛恕の行ありけり」
※ふゆくさ(1925)〈土屋文明〉巻末雑記「偏に読者のを乞ふ次第である」 〔後漢書‐魏覇伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android