ニカイア宗教会議(読み)ニカイアしゅうきょうかいぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

ニカイア‐しゅうきょうかいぎ ‥シュウケウクヮイギ【ニカイア宗教会議】

三二五年、ニカイアで開かれたキリスト教会最初の宗教会議。教義上の論争を解決するためローマ皇帝コンスタンティヌス一世が召集、父なる神と子なるキリストの同質を認めるニカイア信条を制定して、アリウス派の追放を決定した。ニカイア公会議。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報