コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召集 しょうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

召集
しょうしゅう

国会会期を開始させる行為のことをいい,日本国憲法上,内閣助言と承認により,天皇によって行われる (7条2号) 。召集詔書は,集会の期日を定めて公布するものとされ,特に常会の召集詔書は少くとも 20日前に公布しなければならないとされている (国会法1) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

召集

国会の召集と衆院解散は、内閣の助言と承認により天皇が行う(憲法7条)。実質的な決定権は内閣にあり、天皇は形式的な行為をするにすぎない。国会が召集されると、即日活動が開始される。開会式儀式として、通常国会では首相の施政方針演説の日に参院本会議場で行うのを通例としている。衆院が解散されると、参院は閉会となり会期は終了する。解散の日から40日以内に総選挙が行われ、選挙の日から30日以内に特別国会が召集される。小泉首相が2005年8月に踏み切った「郵政解散」も憲法7条に基づいて行われた。

(星浩 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐しゅう〔セウシフ〕【召集】

[名](スル)
呼び出して集めること。「非番の医師を召集する」
国会の会期を開始させる行為。国会議員に対して、一定の期日に各議院に集会することを命ずること。天皇の国事行為として内閣の助言と承認によって行われる。「国会を召集する」
戦時事変に際し、在郷軍人国民兵などを軍隊に呼び出し集めること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうしゅう【召集 call】

在郷の軍人を軍隊に参集させること。旧陸軍では動員時(動員)の充員召集,臨時召集,演習召集,教育召集,帰休兵召集,防衛召集,簡閲点呼があり,旧海軍では充員召集,防衛召集,徴傭船船舶長召集,勤務演習召集,教育召集,補欠召集があった。充員召集令状は淡紅色の用紙で〈赤紙〉と称された。自衛隊では〈招集〉と書かれ,防衛招集と訓練招集がある。防衛招集は防衛庁長官が,防衛出動命令が発せられた場合に内閣総理大臣の承認を得て予備自衛官を防衛招集命令書によって招集するもので,正当な理由がなくて指定された日から3日を過ぎてもなお指定された場所に出頭しない者は3年以下の懲役または禁固に処される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

召集
しょうしゅう

国会の会期を開始させる行為をいう。召集によって国会の活動が始まる。召集には、行政府の行為(形式的に国王が行う場合もある)による他律的集会主義(たとえばイギリス、明治憲法など)と、立法府自らの要求による自律的集会主義(たとえばドイツのワイマール憲法)、および一定の日に法律上、当然に会期が始まるものとするもの(たとえばアメリカ連邦議会の常会は毎年1月の第3日に開かれる)がある。
 日本国憲法では、原則として、天皇が内閣の助言と承認に基づいて召集する(7条2号)ことになっているが、各議院は、内閣に対して、それぞれの議院の総議員の4分の1以上の要求によって、臨時会を召集させることができる(53条)ので、他律的集会と自律的集会の混合型といえる。議員から臨時会の召集を要求できるようにしたのは、国会における少数党の発言を保護しようという趣旨からである。召集にあたっては、召集詔書が公布される。なお、地方議会の場合は招集という。[池田政章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

召集の関連キーワード通常国会の1月召集ラテラノ公会議ジギスムント京都大番役国会の種類国会議員召し集ふ相撲の使補充兵役大権事項閣外大臣非常召集臨時国会特別会臨時会予備役召集令非番在郷徹宵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

召集の関連情報