コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコデモ福音書 ニコデモふくいんしょGospel of Nicodemus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコデモ福音書
ニコデモふくいんしょ
Gospel of Nicodemus

新約外典の1つ。『ピラト行伝』ともいわれる。2世紀以来『ピラト行伝』と称する若干の文書が流布,ユスチノスやテルトゥリアヌスも引用しているが,4世紀頃,既存資料をまとめて1書が成立,これに「キリストの地獄下り」などが付加され,13世紀以来『ニコデモ福音書』として知られてきた。キリストの裁判の模様が詳述されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニコデモ福音書の関連キーワードベロニカ聖骸布像新約外典

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android