コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコンDXフォーマット にこんてい⊆えつくすふおおまつと,にこんでぃーえっくすふぉーまっと

カメラマン写真用語辞典の解説

ニコンDXフォーマット

 ニコン・デジタル一眼レフカメラで、 撮像素子 のサイズがAPS-C相当である撮像フォーマットをこう呼ぶ。実際には、平成15(2003)年7月発表のニコンD2Hからカタログなどで使用されるようになった。  というのも、それ以前に、ニコンは2003年2月にAPS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ(D1シリーズやD100)用に専用のレンズ DX Nikkor レンズを登場させていた経緯がある。ニコンDXフォーマットという言葉はDXニッコールのあとに使用されるようになった言葉なのである。 → ニコンFXフォーマット 参照

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニコンDXフォーマットの関連情報