コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコンDXフォーマット にこんてい⊆えつくすふおおまつと,にこんでぃーえっくすふぉーまっと

1件 の用語解説(ニコンDXフォーマットの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

ニコンDXフォーマット

 ニコンデジタル一眼レフカメラで、 撮像素子サイズAPS-C相当である撮像フォーマットをこう呼ぶ。実際には、平成15(2003)年7月発表のニコンD2Hからカタログなどで使用されるようになった。  というのも、それ以前に、ニコンは2003年2月にAPS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ(D1シリーズやD100)用に専用のレンズ DX Nikkor レンズを登場させていた経緯がある。ニコンDXフォーマットという言葉はDXニッコールのあとに使用されるようになった言葉なのである。 → ニコンFXフォーマット 参照

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ニコンDXフォーマットの関連キーワードアスペクト比コンパクトデジタルカメラデジ一デジタル一眼レフカメラDGレンズZUIKO DIGITAL レンズDiIIレンズデジタル専用レンズデジタル対応レンズ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニコンDXフォーマットの関連情報