コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコンDXフォーマット にこんてい⊆えつくすふおおまつと,にこんでぃーえっくすふぉーまっと

カメラマン写真用語辞典の解説

ニコンDXフォーマット

 ニコン・デジタル一眼レフカメラで、 撮像素子 のサイズがAPS-C相当である撮像フォーマットをこう呼ぶ。実際には、平成15(2003)年7月発表のニコンD2Hからカタログなどで使用されるようになった。  というのも、それ以前に、ニコンは2003年2月にAPS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ(D1シリーズやD100)用に専用のレンズ DX Nikkor レンズを登場させていた経緯がある。ニコンDXフォーマットという言葉はDXニッコールのあとに使用されるようになった言葉なのである。 → ニコンFXフォーマット 参照

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニコンDXフォーマットの関連情報