コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニシキヒザラガイ(英語表記)Onithochiton hirasei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニシキヒザラガイ
Onithochiton hirasei

軟体動物門多板綱ヒザラガイ科。体長 5.5cm,体幅 3cm。体は長楕円形で,背面には8枚の殻板が前後に並び,そのまわりを肉帯が囲む。頭板は半円形,中間板は横長,尾板は倒三角形。殻板の殻頂を中心にして共心円状に皺状の筋があるが,老成すると殻表は平滑となる。色彩変異に富むが,赤褐色橙色など鮮かな色彩のものが多い。肉帯は外見上平滑な革状で横縞がある。軟体の鰓は 40~43対あり,足の全長に及ぶ。房総半島以南,台湾に分布し,潮間帯岩礁にすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニシキヒザラガイ
にしきひざらがい / 錦石鼈
Hirase's chiton
[学]Onithochiton hirasei

軟体動物門クサズリガイ科のヒザラガイ。房総半島から台湾に分布し、潮間帯の岩礫(がんれき)底にすむ。体長55ミリ、体幅30ミリ、体高15ミリに達し、長楕円(だえん)形。殻板は平滑で中央がやや角張る。肉帯はやや広く平滑で、紅褐、緑褐、赤褐、黄褐、橙(だいだい)など、さまざまな色彩をした縞(しま)模様や雲斑(うんはん)状模様が美しい。えらは40対以上ある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android