コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニホンアマガエル Hyla japonica

世界大百科事典 第2版の解説

ニホンアマガエル【Hyla japonica】

アマガエル科の小さなカエル(イラスト)。北海道,本州,四国,九州に分布し,平地から低山地の林,水田周辺から人家庭先生垣までふつうに見られ,草の上や低木にすんで,繁殖期以外は進んで水に入ることがない。体長約3~4cmで雌がやや大きい。四肢の各指先には吸盤が発達し,餌の昆虫,クモなどを求めて跳び出しても,枝や葉に身軽に止まることができる。体色変化が巧みで保護色の好例とされ,周囲の状況に応じて黄緑色から灰褐色暗褐色まで変わり,暗色斑紋が背面や四肢に現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のニホンアマガエルの言及

【アマガエル(雨蛙)】より

…保護色の好例として知られるニホンアマガエルやミナミアマガエルLitoriaなどアマガエル科Hylidaeのカエルの総称。39属719種ほどがサハラ以南のアフリカとマダガスカルを除く全世界に分布し,大半が熱帯アメリカの降雨林に生息する。…

※「ニホンアマガエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ニホンアマガエルの関連キーワードアマガエル(雨蛙)アマガエル

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニホンアマガエルの関連情報