コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュースポーツ にゅーすぽーつ

2件 の用語解説(ニュースポーツの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ニュースポーツ

ハングライダーパラセーリング、グラススキー、スケートボード、ジェットスキーのような科学の発達による技術革新で作られる新素材や機械、加工技術の革新によって生まれた新しいスポーツ。また科学的な知見に基づいてより安全に、より健康的に既存のスポーツを変形したり、類似したルールを採用したりして、近年高齢者や子供も可能なレクリエーションとして紹介されるようになった新しいスポーツもある。変形して新たに生まれたスポーツには、羽根つきボールでバレーボールをするインディアカボールを打ちやすい高さにティーアップし、野球の投手がいなくても楽しめる子供用に開発されたティーボール、ゴルフより簡便なグラウンドゴルフ、フランスクロッケーが日本で改良されたゲートボール、実弾を使用しないデジタルスポーツ射撃などがある。

(高橋義雄 名古屋大学総合保健体育科学センター講師 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ニュースポーツ

new+sports〕
新しく考案された、あるいは、新しく日本に紹介されたスポーツの総称。
競技性を重視せず、誰でも参加できることを目的としたスポーツの総称。プレジャー-スポーツ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ニュースポーツの関連キーワードパラグライダーパラセールグライディングスキーパラグライダーモーターハンググライダーシーリングライトモーターパラグライダーセールプレーンソアリングスカイスポーツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニュースポーツの関連情報