コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュートンの冷却法則 ニュートンのれいきゃくほうそくNewton's law of cooling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニュートンの冷却法則
ニュートンのれいきゃくほうそく
Newton's law of cooling

物体の温度とその周囲の物体の温度との差が小さいとき,物体が失う熱量は温度差に比例するという法則。 1701年 I.ニュートンにより見出された実験法則で,温度差が小さいときにだけ近似的に成り立つ。物体から周囲への伝熱には一般に伝導,対流,放射の3機構が関与するが,温度差が小さいときには,どの機構により伝達される熱量も温度差にほぼ比例するので,この冷却法則が近似的に成り立つ。しかし,温度差が大きくなると,損失熱量は温度差の数乗に比例する。 (→シュテファン=ボルツマンの法則 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニュートンの冷却法則の関連キーワードボルツマン