ニュートンの冷却法則(読み)ニュートンのれいきゃくほうそく(英語表記)Newton's law of cooling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物体の温度とその周囲の物体の温度との差が小さいとき,物体が失う熱量は温度差に比例するという法則。 1701年 I.ニュートンにより見出された実験法則で,温度差が小さいときにだけ近似的に成り立つ。物体から周囲への伝熱には一般に伝導,対流,放射の3機構が関与するが,温度差が小さいときには,どの機構により伝達される熱量も温度差にほぼ比例するので,この冷却法則が近似的に成り立つ。しかし,温度差が大きくなると,損失熱量は温度差の数乗に比例する。 (→シュテファン=ボルツマンの法則 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android