コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニョクマム 〈ベトナム〉nuoc mam

百科事典マイペディアの解説

ニョクマム

魚醤

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ニョクマム【(ベトナム)】

ベトナムの調味料の一つで、魚醤(ぎょしょう)の一種。◇「ヌクマム」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ニョクマム【nuoc mam】

ベトナムやカンボジアの料理に使われる魚醬ぎよしよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のニョクマムの言及

【ベトナム人】より

…主食は米(粳米)で,1日2食が原則である。ニョクマム(魚醬油)は海,川の小魚やエビを塩漬にし発酵させてできる上澄液で,ベトナム人の貴重なタンパク源となっている。住居は土間式(直床)家屋で,木,竹を壁材として用い,屋根はわら葺きが主である。…

【料理】より

… 東アジアにおいてはみそ・しょうゆ系の塩味とうまみをそなえた植物性の発酵調味料が発達して,さまざまな料理に適用されるいわば万能調味料とされた。東南アジアにおいては,ベトナムのニョクマムのように小魚の塩辛の液体部でつくった調味料や,インドネシアのトラシのようにアミの塩辛をペースト状にしたもの――魚醬(ぎよしよう)類が万能調味料の位置にある。それに対して,インドから西方においては香辛料が料理に加えられるべき嗜好成分の主役となっており,みそ,しょうゆにあたる既製品の調味料はトマトケチャップの登場まではなく,料理にそえるソースは原則としてそのつど台所でつくるものである。…

※「ニョクマム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ニョクマムの関連キーワードファンティエットキエンジャン省ファンティエトトゥアンハイ省チャウドックフーコック島チャージョーアントイ諸島魚醤・魚醬カンボジア発酵調味料バインセオラクジャベトナム発酵食品生春巻き魚醤油

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニョクマムの関連情報