コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニリンソウ(二輪草) ニリンソウAnemone flaccida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニリンソウ(二輪草)
ニリンソウ
Anemone flaccida

キンポウゲ科の多年草。アジア東部に広い分布をもち日本各地の山地樹陰などに普通にみられる。しばしば大群落をつくる。地下茎は短く横にはい先端近くから数枚の根生葉を出す。柄は長く,3小葉から成り,表面に淡白色の斑点をもつ。春,茎の上部につく無柄の茎葉のつけ根から1~2本の花茎を出し,1個ずつ白花をつける。花弁状の萼片5枚,おしべ多数で,中央に数個めしべがある。果実は卵形痩果で白い毛がある。和名は花が1茎に2個ずつ咲くという意味であるが,必ずしも2個とはかぎらない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニリンソウ(二輪草)の関連キーワードキンポウゲ科

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android