コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンク ニンクNink, Kaspar

1件 の用語解説(ニンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンク
ニンク
Nink, Kaspar

[生]1885.1.31. モルスベルク
ドイツの哲学者。 1926~54年,聖ゲオルク哲学神学大学教授。新スコラ哲学に属する。 E.フッサールの影響を受け,実在論的認識論の立場に立つ。主著『存在と認識』 Sein und Erkennen (1938) ,『哲学的神学』 Philosophische Gotteslehre (48) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニンクの関連キーワード東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークスボードイン一次脱ガラス化作用大阪事件後藤牧太天津条約

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニンクの関連情報