ニンク(英語表記)Nink, Kaspar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンク
Nink, Kaspar

[生]1885.1.31. モルスベルク
ドイツの哲学者。 1926~54年,聖ゲオルク哲学神学大学教授。新スコラ哲学に属する。 E.フッサールの影響を受け,実在論的認識論の立場に立つ。主著『存在と認識』 Sein und Erkennen (1938) ,『哲学的神学』 Philosophische Gotteslehre (48) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ニンクの関連情報