コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンフェンブルク磁器 ニンフェンブルクじきNymphenburg porcelain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンフェンブルク磁器
ニンフェンブルクじき
Nymphenburg porcelain

ドイツ,ミュンヘン郊外のニンフェンブルク宮の前方に位置するニンフェンブルク窯で作られた磁器。同窯は 1747年にバイエルンの選帝侯マクシミリアン3世の援助で,陶工 F.I.ニーデルマイアーがノイデックに設立したのに始る。しかし 53年まで磁器焼成に成功せず,ストラスブールより J.リングラーを招いて初めて成功。 61年にノイデックより現地に移った。ロココ風の人物,動物像などの作品や,美しい絵画的絵付けを施したテーブルウェアによって有名。食器,花器などは多くマイセン磁器を模したものが初期に作られていたが,のちに花文装飾を主体にした独自のスタイルの作品を生んだ。代表的テーブルウェアはミュンヘンの宮殿美術館に所蔵。 1862年以後は個人会社となり,主として古い作品の伝統をそのまま残した小彫像や食器類を製作している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android